萩原朔太郎月に吠えるを朗読する高崎中央公民館

萩原朔太郎を朗読する、

詩集月に吠える、今年が刊行されてちょうど100年。

前橋文学館で月に吠える展を開催中。

月に吠える挿画田中恭吉冬の夕前橋文学館蔵

その月に吠えるから、

序と詩を四篇を朗読した。

序は詩的散文というか、

終りなどは散文詩といってもいいか、と。

朔太郎の生しい声が聞える。

過去は私にとつて苦しい思ひ出である。

過去は焦燥と無為と悩める心肉との不吉な悪夢であつた。

月に吠える犬は、自分の影に怪しみ恐れて吠えるのである。

疾患する犬の心に、月は青白い幽霊のやうな不吉の謎である。

犬は遠吠えをする。

私は私自身の陰鬱な影を、

月夜の地上に釘づけしてしまひたい。

影が、永久に私のあとを追つて来ないやうに。序より

悲しい月夜

山居

干からびた犯罪

殺人事件

この四篇の詩を朗読。