依存症とは化学医薬品、アルコール、タバコ、スマホの依存で身体はガタガタになります。

依存症とは化学医薬品、アルコール、タバコ、スマホの依存で身体はガタガタになります。

よく寝られないからと睡眠薬に頼ったり、アルコールに頼ったりよくありますね。

睡眠薬で夜中に倒れて寝たきりになったり、認知症になったり、また

アルコールは浅い睡眠になるので起きても身体はだるいし、むくみや肝臓に負担がかかり

余計に身体を傷つけます。

タバコは自分だけでなく周りの人の体を害するので、吸う人の人間性を疑います。

自制心がないので社会的には信用はありませんね。

最近の文明病でのスマホ病も精神疾患と言っても過言ではないですね。

これも周りの人に迷惑がかかります。

私たちは、生活のなかのさまざまな出来事が原因で気持ちが落ち込んだり、

憂うつな気分になったりすることがあります。

しかし、数日もすると落ち込みや憂うつな気分から回復して、

また元気にがんばろうと思える力をもっています。

ところが時に、原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります。

このため、普段どおりの生活を送るのが難しくなったり、

思い当たる原因がないのにそのような状態になったりするのが、依存症です。

依存症うつ病は、まだわからないことが多い病気です。

脳の神経の情報を伝達する物質の量が減るなど脳の機能に異常が生じていると同時に、

その人がもともともっているうつ病になりやすい性質と、ストレスや体の病気、環境の変化など、

生活の中のさまざまな要因が重なって発病すると考えられています。

うつ病が起こりやすい性格

生真面目

几帳面

仕事熱心

責任感が強い

気が弱い

人情深く、いつも他人に気を配る

相手の気持ちに敏感

良い意味では人が良すぎるんで、人にも上手く言われて利用されやすい

誘因となるストレス

うつ病は、何らかの過度なストレスが引き金になると考えられています。

さまざまなストレスのうちでとくに多いのは、人間関係の変化と環境の変化です。

たとえば身近な人の死や、リストラなどの悲しい出来事だけではなく、

鈍感夫が妻を病気にする?夫源病!

女性の婦人科疾患もストレスから血液がドロドロになって血液の滞りから

?血になり筋腫、内膜症、増殖症に。その原因に、夫源病モラハラ、も

昇進や結婚、出産といった嬉しい出来事がきっかけでうつ病になることもあります。

体の病気や薬が原因となることもある

慢性の病気の場合はとくに、体の不調や痛み、社会生活の変化、

経済的な負担などがストレスとなり、抑うつ症状がみられることがあります。

また、薬のなかには副作用として抑うつ症状が現れるものがあります。

ウイルス性肝炎の治療に使われるインターフェロン、抗がん薬、ステロイド、抗潰瘍薬などが、

うつ病を引き起こすことがあります。

体の中の変化

人間の脳の中には、神経伝達物質と呼ばれる物質があり、無数の神経細胞に情報を伝達するはたらきをしています。

うつ病の時は、神経伝達物質のうちの、気分や思考、意欲などを担当する

セロトニンノルアドレナリンの量が減っていることがわかっています。

また、言語、運動、精神活動を担っている脳の前頭葉を中心に、

脳の血流や代謝が低下していることもわかってきています。

症状の現れ方

うつ病の症状には精神症状と身体症状があります。

また、これらの症状が、1日のなかで時間とともに変化するのも、うつ病の特徴です。

多くの場合は、朝が最も悪く、夕方にかけて回復していきます。

精神症状

抑うつ気分

気分が落ち込む、憂うつ、理由もなく悲しい気持ちになる、何の希望もない。

興味や喜びの喪失

今まで好きだったことや趣味をやる気になれない、テレビや新聞を見てもおもしろくない、

性的な関心や欲求も低下する。

精神運動の障害(強い焦燥感運動の制止)

体の動きが遅くなる、口数が少なくなる、声が小さくなる。

また、逆に、じっと座っていられない、イライラして足踏みをする、落ち着きなく体を動かす。

思考力や集中力の低下

頭がさえない、考えがまとまらない、決断力や判断力が低下する、反応が遅くなる、

仕事の能率が落ちる、注意力が散漫になって、人のいうことがすぐに理解できない。

意欲の低下

人と会ったり話したりするのが面倒になる、何をするのも億劫。

自責感

何でも悪いほうに考える、必要以上に自分を責める、まわりの人に申し訳ないと思う。

希死念慮きしねんりょ

生きていくのがつらい、死んだほうがましだ。

精神病症状

自分が重大な罪を犯したと思い込む罪業妄想、貧乏になったと確信する貧困妄想、

がんなどの重い病気になったと信じ、検査結果で心配ないと話しても訂正できない

心気妄想などがみられることがある。

身体症状

睡眠の異常(不眠または睡眠過多)

食欲の低下または増加

疲労、倦怠感

ホルモン系の異常月経の不順、性欲の低下、勃起の障害

その他の症状頭痛(すっきりしない鈍い痛み)、頭重。肩、腰、背中などの痛み

対策は!!エネルギー不足なのでエネルギーを吸収しましょう

健康にはまずは早寝早起きをしましょう。

太陽が昇ったときに太陽に当たるのは太陽から陽気をいただけるからですね。

その時に歩くと血液の流れが良くなり、身体の隅の細胞に酸素と、太陽の陽気が届き

体調は快適になります。

よく鬱の方はみなさん夜中まで起きていますよね。

夜中まで起きていると、体に陰が増えて血流も悪くなり脳への細胞に酸素が届かなくなり

自律神経のバランスを崩して身体に異変が起こってきます。

寝られないからと、睡眠薬を飲んだり、アルコールの依存で無理やり寝る事は

ますます血流が悪くなり脳への細胞に酸素、栄養が届かなくなり

ますます陰が増えてそれがまた陰性の化学医薬品やアルコールの依存になります。

そこに喫煙習慣や家族の喫煙習慣があると副流煙で身体はガタガタになり

化学医薬品、アルコール、タバコの依存で身体はガタガタになります。

化学医薬品、アルコール、タバコは毒なんですよ。

WHO(世界保健機関)は、アルコールによって60以上もの病気外傷が引き起こされることを報告しています。もうこの時点で酒が毒物であると断じてもいいのですが、中には酒は適度に飲めば体にいいんだよ自分には酒をコントロールする知性と精神力があるから大丈夫と言う人がいます。私も実はかつてそう思っていましたが、こういう考えが自分の根底にある限り、禁酒はまず成功しないでしょう。

アルコール依存症が他人事でいられる人なんていません。

このことから、やはり酒は人間にとって毒物であると断じるしかないのです。

タバコもそうですね。特にタバコは自分だけでなく周りにも健康被害をでしますので

タバコを吸う人は人間性を疑います。

ストレスを発散?違いますね。完全な麻薬中毒で周りにも毒をまき散らしています。

だから夫源病の原因にもなっています。お嫁さんの体を傷つけ婦人科疾患にもなっているんです。

そのストレスからアルコールにおぼれたりする方も。

睡眠薬、化学医薬品、タバコ、アルコールは依存症になります。

対策はまず早寝早起きをしましょう。

そして太陽の陽気を身体に入れましょう。

よく家族や知り合いが入院している時にお見舞いに行くと帰ったら身体が重たくなりますね。

それは病院が病人で陰の物なので陽気を吸われるからですね。

逆に小学校や幼稚園に行くと子供は陽なので子供から陽気をもらえるから元気になるんです。

ストレス、鬱や病気の対策は陰の化学医薬品をやめて、例えば1等級三七人参を飲む。

1等級三七人参の波動測定値は

ストレス26

自律神経170

交感神経174

副交感神経164

肝臓140

各内臓には15〜26

ホルモンバランス28

と飛躍的に高いんです。

測定基準19以上は非常に高い

15〜18は高い

健康食品も波動の高い商品でないと、不健康食品では飲むことでますます波動を下げていきます。

本物の商品を。また化学医薬品は波動が低いので薬漬けの人ほど波動が低いので鬱にもなりやすいのです。

それを波動を落とす行為とか、波動の低い健康食品、波動の低い人がそばにいると、

その人はどんどん波動を下げていくのでますます病気になっていくのは当たり前ですね。

仕事でもイヤイヤしていては仕事の成果が上がらないですね。

健康には波動を上げることが大切です。

モリタニ薬店