反省、さあ次へ!

おはようございます。山根です。

公演が終わってから、早くも一月が過ぎました。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

私事ですが、今回の公演はいろんな意味で勉強になり、そして今まで出演してきたどの舞台よりも緊張しました。今までやらせてもらってきたどの役よりも本来の自分に近い役だったのに

いかに今までの役が自分とかけ離れていたかということを痛感しました。笑

公演が終わった後、私たちは6月21日に反省会を行い、それぞれの役づくりや本番でのパフォーマンスに関するフィードバックを行いました。こういう場は、やはり自分に対してマイナスな意見が多いです。でも、絶対マイナスだけじゃなかったよね。

自信がない、という意見もチラホラ耳にしますが、演劇やってる時点ですごい自信持ってるよね。やってるだけですごいよ。と、私は思います。

一方、新しいことに挑戦してみたい、という声も出てきています。次の公演どうなるのかなあ。

もしかしたら、空とか飛んでるメンバーがいるかもしれません。笑

そして二週間後の7月5日は、上演会を行いました。もちろん今回の公演の。

しかし、この日電車が止まってしまい、映像のデータを持っていた演出の立原さんが車内に閉じ込められるという事件が。笑

稽古自体は17時半スタートなので、諦め半分で待っていると

きました。笑

動かない電車の中でずーっと立ってたそうです。お疲れさまです。

そんなこんなで20時前から始まった上映会。

恥ずかしかったです

見に来てくださった方はわかると思いますが、死ぬほど恥ずかしかったです。

そもそも自分が芝居してる姿を客観的に見るのがなんとなく嫌です。笑

家で一人だと落ち着いて見られますが、一緒に芝居したメンバーと見るのはなかなかつらいです。

他のメンバーも相当だった様子。

ただ、自分の芝居を見ることは非常にいい刺激になるので、立原さんから預かった映像データは、しっかりと見ようと思います恥ずかしいけど。

来週からは、台本はないにせよ、通常通りの稽古が始まります。反省会と上映会を経て、基礎練習やストレッチの重要さに改めて気付かされました。

反省点を踏まえ、次の公演は個人としても、劇団としてもさらにステップアップしたいと思っておりますので、応援よろしくお願いします。

クレーマークレーマー、本当の意味で終演いたしました。

さあ、次も頑張ろう!!