山陰地方ローカル線巡り、三江線からの山陰本線へ、その1

おはようございます。

\(^-^)/

いよいよ5月初めに出掛けました、山陰地方ローカル線巡りのお話しも終わりです。

(^^)d

約2週間位のお付き合いありがとうございました。

m(__)m

そして、明日のお話しは、山陰本線から特急を乗り継ぎ、姫路駅に向かった時のお話しをアップ致します。

(^○^)

さて、前のお話しで、石見川本駅近くでお腹を満たした私達は、石見川本駅13時45分発、江津駅行きの列車に乗り込み、またゆっくりと走るローカル線の揺れを楽しんだ。

o(^-^)o

スピードもゆっくりな三江線なので、他の乗客達もウトウトしはじめ、会社の先輩も寝始めてしまった。

ただこの時雨が降っておりあまり車窓の様子は良くなく、終点近く迄ほとんど写真撮影を行わなかった。

(;^_^A

列車は定刻とおり、千金駅を出発すると、江の川河口近くになると、川幅も広がり、山間部の江の川より違う雰囲気になります。

そちらの写真が1枚目。

列車は江津駅に14時54分に定刻とおり到着。

ちなみにこの列車、折り返し三次駅に向かうのだが、発車時刻は15時15分。

その為に、ホームに着いた時に車両の行き先幕は三次行きとなっている。

ちなみに、ホームには、また乗車するのであろう、鉄道好きな方がたくさん撮影していたが、私達は、次に乗車する山陰本線普通列車に乗車する為に、早々に外に出て、駅前から江津駅の駅舎の写真(2枚目の写真)をパチリ。

ずっと外に居ると濡れてしまいそうな降り方だったので、この後乗車する普通列車をホームで待つ私達。

そしてやって来ました、タラコ色のディーゼル列車。(3枚目の写真)(笑)

本来は、この次に発車する特急スーパーおき4号に乗車する予定だったが、このディーゼル列車に乗りたいが為に、次の特急スーパーおきも停車する、温泉津駅迄先に普通列車で移動した。

続く。