読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「その名は、ギリヤーク尼ヶ崎 職業 大道芸人」

2月に放映されたものを録画して昨夜やっとみた。

これは、、、、両者の気持ちがわかり過ぎて

本当にもう。。。

70代の弟さんが働いていたタクシー運転手での年金で

2人暮らす。80代の兄のギリヤーク尼崎さんは大道芸人

弟さんの『何故、踊ることが必要なのか

踊るということがどういうものなのか説明して欲しい』

(だったように記憶している)

これは何故絵を描くのか等と同じだと思った。

自分には理解し難い想いを知りたいと思う人の問い。

よくわかる。

『踊ったことのない者にはわからない』と言い放つ兄。

美術や芸術を必要と思わない人に、何故必要と思うのかを

どう説明してもわからない。。。

ギリヤーク尼崎さんの応えもよくわかる。

身体がいうことをきかず不満をぶつけられる。

勝手にしろ。とふて寝する気持ちも。

いや、逆に見放さなかったと、よく一緒に暮らして

生活の面倒をみてあげていると思う。

若い熱病のような情熱で大道芸人で踊るのはいらっしゃる。

それを80代まで続ける人は、、、少ない。

弟さんの眼差しを並走させながらの番組でした。

再放送が5/20にあるようです。

ETV特集 アンコール

「その名は、ギリヤーク尼ヶ崎 職業 大道芸人

2017年5月20日(土) 午後11時00分(60分)

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259569/index.html