読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪急三番街の「宇宙戦隊キュウレンジャーショー」を見てきました

GWの5月3日に阪急三番街水上ステージで「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず♪パフォーマンスショー」を見た後、すぐ裏のステージで今度は「宇宙戦隊キュウレンジャー」ショーをやっていたので見てきました。

宇宙戦隊キュウレンジャー」は9人(今は11人)という大所帯の戦隊なのでTVでも毎回5人が選ばれて出動するという方式を取っています。だからこういうショッピングセンターなんかのショーでは何人くらいが来てどんなショーをやるのか気になっていたのですよ。昔、滋賀にいた時の近くのスーパーでのショーでレッドとイエローだけというのもありましたからね。

MCのお姉ちゃんが注意に続いて開始を宣言すると現れる怪人。ジャークマターのナイ・カポネと名乗ってました。

シシレッド、カジキイエロー、カメレオングリーンの3人がまず登場し戦います。

次にサソリオレンジ、オオカミブルーが登場し合流します。もう一人の刺客バニラアイスクリームという怪人も登場し揃った5人と戦います。

今回は怪人2人にキュウレンジャーは5人で戦うという布陣ですね。まあ例年の普通の戦隊ショーと同じということなんでしょう。

気になったのはやはりカジキイエローのこのとんがったマスクの部分。折れたりしないんだろうか(笑)。

そしてオオカミブルーのモフモフの部分がTVのアップ用はフサフサしてるけどアトラク用はいちおう毛にはなっている程度。

5人揃って名乗りを挙げて最後の戦い。

バニラアイスクリームを4人がセイザブラスターを使ってオールスタークラッシュで倒します。

そしてシシレッドはキューソードを使ってナイカポネとの一騎打ち。

最後は5人でセイザブラスターでとどめを。

最後は5人揃って会場の子供たちと一緒に「キュータマダンシング」。

いやほんと最近の戦隊のエンディング曲がダンスになってるのはわかる気がするわ。ほんとこういうイベントで会場と一体となって盛り上がりますからね。特に今年の「キュータマダンシング」は昨年の無難な作りの「レッツ!ジュウオウダンス」に比べるとトリッキーでおもしろいと思います。

それは主題歌にも言えることでproject.Rの平均的なある意味マンネリとも言えるジュウオウジャーの主題歌にくらべ曲も含めて新しく募集したというキュウレンジャーの主題歌「Luckystar」は非常に聞いていてワクワクする楽曲ですごく気に入っています。こういうショーなんかで流れてくるとなんかすごく気分が盛り上がりますね。

9人の戦隊とか、かっこいいキュウレンオーとかオープニング・エンディングとか40作目の節目がこの作品だったらもっと盛り上がったんじゃないかと思うとちょっと残念です。