読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の映画ランキング

今週は、「美女と野獣」が予想通りの大ヒットスタートとなりました全国773スクリーンの公開で、土日2日間のオープニング成績は、観客動員数72万9114人、興行成績10億6536万2800円、金曜日を含む3日間のオープニング成績は、観客動員数95万1214人、興行成績13億7876万5600円としています全国各地で満席状態で、20代〜30代の男女を中心に老若男女、幅広い層を取り込み、字幕版、吹き替え版ともに好調。早くも字幕版、吹き替え版両方を見比べたリピーターも多数おり、オープニング成績は最終興行成績254.8億円を出した「アナと雪の女王」を上回るスタートとなりました作品の評価も高く、配給のディズニーは「100億円超えも夢ではない」とコメントしています

4位に初登場したのは「3月のライオン 後編」で、全国295スクリーンの公開で、土日2日間のオープニング成績は、観客動員数9万5991人、興行成績1億2797万7300円で、これは先月公開された前編の興収比88.6%と、前編同様に苦しいスタートとなりました男女比は44.9対55.1と、女性を中心に入っています。

7位に初登場したのは、マーク・ウォールバーグ主演で、実話を元にしたパニック映画「バーニング・オーシャン」がランクインしました

今週は、人気カーアクション大作「ワイルド・スピード」最新作に、人気漫画を木村拓哉主演、鬼才・三池崇史監督がタッグを組んで映画化した「無限の住人」、同じく人気漫画を菅田将暉主演で、周りを若手実力派で固めた「帝一の國」などが公開されます→先週の1位の「名探偵コナン」は2位になったものの、土日2日間で、観客動員数58万人、興行成績7億4800円と、他の週なら圧倒的強さで1位になれる成績を残し、累計観客動員数212万956人、累計興行成績27億5553万3600円と早くも30億円超えが見えてきました

3位の「クレヨンしんちゃん」も、土日2日間で観客動員数10万9000人、興行成績2億円と好調をキープしています

美女と野獣』が『アナ雪』超えの大ヒット発進!初週で13億円を突破【映画週末興行成績】