読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

官憲に目をつけられたら監視される」という話ではない。既に監視されている。

モン=モジモジ @mojimoji_x 25 分25 分前

まず、現代の監視がどのようなものか、スノーデンの暴露でわかったことをちゃんと踏まえる必要がある。

それによれば、位置情報、通話内容、メール・SNS等の通信内容、ネットのアクセス履歴等は網羅的にデータベース化されている。

1件の返信 14件のリツイート 12 いいね

モン=モジモジ @mojimoji_x 18 分18 分前

で、スノーデンが暴露したのはアメリカのNSCの監視状況だけど、特定秘密保護法により、これら機密情報を日本が共有しやすくなった。

20XX年某月某日何時頃、通販サイトにアクセスし、バッグを色違いで2つ注文した。というようなことを日本の捜査当局は既に知りうる.という可能性がある。

1件の返信 8件のリツイート 5 いいね

モン=モジモジ @mojimoji_x 13 分13 分前

以上は、ターゲットを定めない段階で収集されている情報。狙いを定めれば、Nシステムや顔認証システム、昨年できた盗聴法完全版などを用いて、日本の当局独自収集の情報で丸裸にできる。これも、事前にデータベース化されている度合いによって、過去に遡って調べることができる。

1件の返信 6件のリツイート 2 いいね

モン=モジモジ @mojimoji_x 11 分11 分前

じゃあ、調べられるなら調べてよいか。基本的には、よくない。捜査であるなら、具体的にどんな犯罪の容疑であるのか、少なくとも内部的には明確にする必要がある。でなければ違法。もちろん、やってるだろうけど、ばれれば違法。先日の、選挙事務所の監視とか、過去の盗聴とかのように。

1件の返信 7件のリツイート 1 いいね

モン=モジモジ @mojimoji_x 8 分8 分前

でも、威力業務妨害の拡大解釈とか、未必の故意だの黙示の共謀だのという理屈で、適用範囲をどんどん広げてきた。それに伴い、濫用も増えた。オウムに使った屁理屈をヤクザに使い、次に市民運動に(僕らに)使ってきた。共謀罪ができれば、その対象範囲はさらに一気に拡大する。

1件の返信 9件のリツイート 5 いいね

モン=モジモジ @mojimoji_x

「官憲に目をつけられたら監視される」という話ではない。情報端末を使ったあなたの行動は、サイトの閲覧履歴もメールの送受信も位置情報も自動車や公共交通機関を使った移動の履歴も、何もかも既に蓄積されてて、必要に応じて取り出せる状態にある。既に監視されている。