信念は、三千世界に通ず。

人の気持ちに立ち、

わかりやすく人生の哲理を説いてはいても。

届いてはいない虚しさに、

木魂の真実を知る。

それでも、語った言葉にうそがないなら、

来世には感動となって甦ってくるだろう。

信仰に正直に生きるということは、

この世の評価にかかわることなく、

最大の感動を呼ぶと思って、

忍耐と絶やすことない愛の思いをかかげ続けたよう。