読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が国でも核攻撃に備えよう!!

我が国に対する核攻撃に対する備えは反国家勢力による九条論や保守派内においても感情論に流されることなく淡々と進めていくべきです。

スイスでは住宅新築時に住人が入れる核シェルターの設置が義務付けられていますし、他の欧州でも半数以上の国民が入れる核シェルターが既に設置されています。

台湾、スイス、スウェーデン、韓国においては防空避難訓練を日常的にしています。我が国でも中国や朝鮮半島情勢の悪化を鑑みれば、核兵器やミサイル攻撃による被害が予測されます。その被害を最小限に抑えるべく実行しなければなりません。

北朝鮮主導或いは中国主導の極東有事勃発、我が国国内では極東有事勃発側による様々な情報戦を仕掛け、小池劇場、森友学園叩き劇場、沖縄米軍基地移設反対騒動で日本国民の目をそれらに集中させている裏側では極東有事へ向けて着々と準備を進めているという事を認識していただきたいです、

更に元KGB民主化とは正反対のポジションにいるプーチン大統領率いるロシアの動向にも注意が必要です、ロシア空軍機による我が国への領空侵犯もまだまだ頻発しています、

このように我が国の主権が他国から侵されたり、或いは他国から核攻撃を受ける可能性は最近の激動する国際情勢を見ればいつどうなるのか全く予測がつきません、

日本国民を核攻撃から守るための対策は本当に待ったなしです、

我が国には国民が避難可能な数週間程度の水と食糧、薬品やトイレを備えた核シェルターさえないのです、下記の動画を見て緊張感を持ってほしいです、

核シェルターがなく、爆心地近くなどは核爆発ですぐにすっ飛ぶコンクリートの通常の建物にしか避難出来ない我が国の現状において、国民保護サイレンが鳴った時点で国民は全くなすすべがありませんし、爆心地から遠くても広島や長崎の数倍の威力がありますから核シェルターがない現状では放射能被爆による被害も甚大なものになります、別に煽っている訳ではありません、本当の話です

■英国BBCが米ソ冷戦時代に核攻撃を受けたことを想定した緊急ラジオ放送用原稿(日本語に翻訳)です

https://www.youtube.com/watch?v=r2nTgi7gp5M

BBC 核攻撃の時の予定原稿(日本語)

■我が国に対して大規模ゲリラ攻撃や核攻撃が行われることが判明した時に国民保護法に基づき全国に流される国民保護サイレンです

https://www.youtube.com/watch?v=Xuf4BbxhE_o

SNS−my日本からの情報でした