「ぼくの死体をよろしくたのむ」川上弘美著

とても面白い短編集。

連作ではないが、ちょっぴりしかけがある。

芥川賞作家続きの読書となったが、やはりこちらは純粋に「数々の文学賞を受賞したベテラン」(「」は敢えて私が付けてみました)。

キャラのこなれ方に練熟の感がある。

18作のうち、特にどれがというわけではないけれど、

最後の短編が、この著者らしくて

やさしくて切なくて、ぐっと来る感じ。

きっと読者はそれぞれ感じ入るツボが異なるのだろうが、

共通して感じられるのは、作者の視線のやさしさ、かつユーモア混じりの冷徹さ、とでも言おうか。

ちょっぴりファンタジーな、異世界の要素がある作品もあるーーたとえば「スミレ」。

これは精神年齢と実年齢に開きがある人々が、一つの宿舎に暮らすという設定。

まずはこの設定が、もう、川上ワールドへようこそ! とわくわくする。

大体が恋愛ものだけれど、家族のつながりがあったり、友情ものがあったり、

切ないながらもクスッと笑えて、とても読後感の良い短編集で、

川上さん、ありがとう、という気持ちになった。