沢村鐵 スカイハイ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 読了

沢村鐵 スカイハイ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 読了しました。

2017年44冊目です、沢村鐵2冊目です。

以下紹介文 引用

内容(「BOOK」データベースより)

大学教授爆殺から周唯暗殺まで、一連の事件の首謀者とされる“C”。

その正体は、いまだ謎だった。一柳美結刑事たちは、

標的とされた大学講師・佐々木忠輔が語る“C”の真実に驚愕する。

一方、忠輔の妹・安珠は、超高層タワー内で催されたライヴに出演していたが、

そこにも“C”の影が…。シリーズ第二弾。文庫書き下ろし。

モヤモヤっとした終わり方をした作品の続編。

今回は一気に物語が進みました。

”C”の正体も明かされましたし、良い味を出している水無瀬警視の

驚くべき過去や、一柳美結が昔は添田美結という名前だった事など

前作で散りばめられた伏線が徐々に回収されていきます。

それでも、まだかなり引っ張っていて謎は多いですけれどね。

”C”により超高層タワーが乗っ取られ、そこには大学講師・佐々木忠輔の

妹である佐々木安珠と警護についている村松刑事が。

タワーを取り戻す為に、警察、政府、自衛隊などが協力する事に。

スピード感、スリル感、ちょっと大風呂敷に感じるスケールですが

ひきこまれてしまいましたね。

先が気になって読み進めてしまいました。

更に小西刑事が運転する車に”C”に乗り込まれ

言うことを聞かなければ爆破すると脅され

行動をともにする羽目に・・・

終盤に来てちょっと目立たなかった主人公

一柳美結に更なる特命が。

一柳美結の過去などあかされそうですし少し目立ちそうです。

事件を起こした”C”の動機がちょっと弱い気がします(^^;

続けて第三弾を読みます。