読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落語の徒然(江戸の桜名所)

桜の花も、花盛り人の心も浮かれ並木や土手に植えられています。

桜の花には、

山桜は自生、野生、園芸の品種

ひがん桜は、早咲、花が葉より早い(ウバ桜)

ちょうじ桜は、低木で産地で自生

まめ桜は、花と葉が同時に咲き、伊豆山地に自生

みやま桜は葉が先で花が後山中に自生

かんひ桜は紅い花で沖縄は此のみ

江戸の名物桜

常円寺(堀ノ内の参道途中)慈眼堂(上野)伝通院(雲居桜)麟祥院(本郷、春日局鉢植桜)穴八幡(高田)根津権現、王子権現、飛鳥山、品川御殿山、等が名所

桜の噺「あたま山」「荒川の桜」「親子茶屋」「鶴満寺」「桜鯛」「祟徳院」「花見酒」「長屋の花見」「花見の仇討ち」「百年目」「札所の霊験」「鼻ねじ」「踏み台」

夜桜に 微笑みかける 月灯り

夜桜の 香りに酔し 明けの月

夜桜に 誘われ歩く 月灯り

花の香に 微笑み返す 朧月