読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都・大阪

京都・大阪

場所:京都・大阪

種別:下記別記

献立:下記別記

評点:評点割愛は旅行シリーズ恒例

寸評:

三連休で京都と大阪へ。

京都と言っても寺社を参拝や拝観する事はなく、大阪も通天閣も城もUSJも行かず。

余談だが、振り返るに大阪は初。

<<お食事処チャンバラ>>

東映太秦映画村に入ってすぐ右にあるお食事処。

食後の感想と、他の食事処の献立等を考慮するとハズレ感満載。(苦笑)

<九条ネギラーメンとチャーハン(1,100円)>

京都らしさから選択。

九条ネギラーメンは、透明度の高い塩味のスープに、九条ネギや湯葉や紅葉麩が京都らしさを演出する。

スープは、魚介と思われる出汁だが薄く、塩梅は塩辛い、さらに添加物の不自然さが嫌味に感じられる。

麺は、中華麺と言うより細めのうどんという感じで、ラーメンらしくない。茹で加減も伸び伸び。

具は、前記の他にはチャーシューと海苔。どれも無難、海苔には新選組の旗模様が描かれている。

チャーハンは、濃いめの色に、チャーシューと葱と玉子といった王道の具。

色は濃いめだが塩梅は悪くなく、全体的に無難。

<<天丼まきの>>

初日の夜、烏丸御池駅の傍の商店街、寺町通りにある天丼屋。

後で知るが、丸亀製麺の同じトリドールの経営。

<天丼イ(990円)>

献立は、天丼がイロハと3段階に天然海老天丼の4種類、それに天盛がある。あとは漬物や御飯や飲み物。

注文の天丼イは、海老・鱚・烏賊・玉子・獅子唐・海苔の6種で、蓋が閉まらないほどのボリューム感がある。

なお、蓋は丼に立てるように差し込んであり「取り皿として使ってください」との案内がある。

金子半之助でも感じた、具の豪快さ故の食べ難さを、その時思った案で対応してくれている。

天ぷらは、ボリュームを出すためなのか衣は厚めで、ややフリットっぽく天丼用の天ぷらと言う感じ。天盛だとマイナスかも。

天種はどれもそれなりに無難。

ご飯は気持ち硬めで丼向き。

タレは、甘めでスッキリしている。個人的嗜好とは少し違う。

ちなみに、味噌汁が150円で合わせると1000円を超える。天丼+味噌汁が1000円札一枚で食べられたら、と言う思いは金子半之助と同じ。

<<松井別館花かんざし>>

一泊一食お世話になった旅館。

到着すると、お茶と茶菓子を出してくれたり帰り際にお土産をくれたり、ともてなしてくれる。

大浴場は、湧き湯との表記はあったが温泉の案内はない。

朝食は、鮭の切り身や湯豆腐やヒジキ等軽めの和定食。

どれもシンプルな味で無難に美味。

<<京都鉄道博物館>>

2日目の目的地は京都鉄道博物館。当日券を買うのに30分くらい並ぶ混雑ぶり。

入って直ぐの弁当屋で早々に昼食を購入、少し見学してテラス席にて遅めの昼食を。

<SL弁当(1,100円>

思いとは裏腹に回ってきた弁当。(笑)

パッケージにSLが描かれていて、中は九分割されている。

内容は、鶏の照り焼き・ソーセージ・ハンバーグ・かき揚げ・いなり寿司・太巻き・柴漬けご飯・鰆の塩焼き・竹輪揚げ等。

この内、太巻きと竹輪揚げがSLの石炭を模して黒く調理してある。

味は、取り立てて上振れも下振れもない。

<<お好み焼きゆかり>>

2日目の夜は大阪へ移動。後述のホテルが繁華街の中にあり、その傍にあるお好み焼き屋。

お好み焼きは、焼いてもらうか自分で焼くか選択できるので、焼いてもらう。

注文は、千日前ミックス焼とイカ玉。千日前ミックス焼は、豚ロース・烏賊・海老・蛸。イカが被るが好みを優先。(笑

味は、奇を衒った感じはないが、無難より少し上と言う感じで美味。

ミックス焼きそば、豚バラ・烏賊。やや太めの麺を濃い色のソースで味付けてある。味は、濃厚乍ら塩梅はちょうどよく、こちらも無難より少し上と言う感じ。

どて焼は、牛筋と蒟蒻の味噌煮。予想より量は少ないが、無難に美味。

<<なんばオリエンタルホテル>>

一泊一食お世話になったホテル。

繁華街の中央にあり、1,2階は一般のレストランフロアーで、3階がホテルフロント・4階以上が宿泊階になっている。

<和ぎ(NAGI)>

2階にある和食レストラン、一応宿泊客以外も利用できそうだが、朝食はほぼ宿泊客のみだと思われる。

朝食は、ビュッフェスタイル。

大阪らしい献立としては、串揚げ・たこ焼き・蒸し寿司・肉吸いがある。

たこ焼きは、作り置きを想定しているのか、やや揚げるように仕上げてあり普通より固め。

肉吸いは、鰹出汁で牛肉を煮込んだもの。美味しいが、やっぱり馴染みがなく常習したい味ではない。嗜好の問題。

疲れたながらも、同行者も含め楽しめたのでは、と思う。

ただ、今後の旅行を考えさせられる事が2,3あった。

<天丼>

 てんや:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1906136176&owner_id=7256561

 金子半之助:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1886589888&owner_id=7256561

 ほっともっと:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1881910893&owner_id=7256561

<お好み焼き>

 若竹:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1928458362&owner_id=7256561

★若竹:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1750848513&owner_id=7256561

(おめで鯛焼き本舗:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=437508607&owner_id=7256561

<旅行>

 館山・白浜温泉:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1952587050&owner_id=7256561

 富士急ハイランドhttp://SNS.jp/view_diary.pl?id=1945398032&owner_id=7256561

 鉄道博物館秩父鉄道SL:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1931412883&owner_id=7256561

 勝浦:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1925572018&owner_id=7256561

 名古屋・鳥羽:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1924094342&owner_id=7256561

 岡山・津山:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1918783834&owner_id=7256561

 白浜温泉・マザー牧場http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1909952106&owner_id=7256561

 鉄道博物館水上温泉http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1900152651&owner_id=7256561

 マザー牧場鋸南http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1875479448&owner_id=7256561

 小布施:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1840103023&owner_id=7256561

 伊豆高原http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1829759680&owner_id=7256561

 南房総 白浜温泉:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1765086133&owner_id=7256561

 平泉・盛岡:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1561907442&owner_id=7256561

 海ほたる:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1481584461&owner_id=7256561

 身延山下部温泉・沼津:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1473009315&owner_id=7256561

 伊勢・名古屋:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1266618212&owner_id=7256561

 飛騨高山:http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1144169298&owner_id=7256561