音霊が魅せる ecstasy ☆

昨日の早朝に送った opening・・・

何故、あれほど輝いたのだろう?

自分も満足し、相手も喜んでくれた

無修正で決まったのは

今回が初めての経験だった

いつもなら、

3take くらいを一緒に送るけれど

今回は「これしかない」と決めて

only one の迷いのなさが良かった?

シンセサイザーにおける

音色作りの核になる要素に

エンベロープ」というのがある

さながら男女が愛し合う時の

男性側の様子に良く似ている

A(最高潮に達するまでの時間)

D(サステインレベルに

落ち着くまでの時間)

S(安定して音が鳴り続ける時間)

R(余韻を残しながら消えるまでの時間)

この値の大小によって

コレだけではないけれど・・・

音色の大半が決まる

男は構造上、「せっかち」に

出来ているからなぁ

peak が前半に偏っている処は

本当にソックリ(笑)

音色も同じだけどたまに・・・

2度目の ecstasy が

やってくる事がある

その微妙なニュアンスを

今回は、

いくつかの音色でトライしてみた

そうすると楽曲全体のシマリが

格段に良くなった

「陽気なイメージ」を表現する時は

これからもこの手法を

是非使いたいと思った

「プリセットにない音」が創れる

これがシンセの最大の魅力だと思う

もちろん、

生楽器の音に限りなく近い

リアリティーも表現出来るんだ

だから、丹精込めて造り上げた音を

丁寧に重ね合わせる事で

今まで聞いたことがないような

素敵な楽曲に仕上がる・・・

これが独り創りの醍醐味かも知れない

それにしても・・・

心が澄みきっていて

歓びに満ちている事が

如何に大切か?ということを

身を以て思い知らされた気がする

いつも新鮮な感動を求める

貪欲なハンターでいたい

変わり者を見る世間の目は冷たい

だけど、

今まで生き延びて来られたのだから

これからだって何とかやれる

美しいモノを素直に認めて

愛でる気持ちを二度と忘れまい

耳を澄ませて聞いてごらん

見つめ合う魂の言の葉が聞こえる

辛さを分かち合えば

その分 軽くなる

歓びを 分かち合えたら

何倍にも跳び跳ねる☆

手を取り合って昇り詰めると

きっとそこはパラダイス☆

音楽ってサ・・・

もしかしたら、

タキシードに身を包んだ

気取った夢の化身かも知れない♪(笑)