悔しい気持ち

『悔しい気持ち』

 コンチクシュー!

 って間違えた。コンチクショー!

 昨日のランチは行きつけのお店に行こうと思って、約17年前から行きたかったと思っていたかのように行きたかったので、一目散にダッシュでお店に行きました。

 前回行った時は定休日。

 前々回行った時には、行く途中で電話がかかってきてUターンでお仕事に戻らされたので、昨日は絶対に行ってやルゥー!

 という強い気持ち強い愛で行ってみたのですが、昨日も定休日。

 ちなみにそのお店は木曜日が定休日なのに・・・。

 昨日は木曜日じゃないのに・・・。

 あまりにコンチクショーだったので、歯を食いしばって悔しがりました。

 仕方がないので黒ヤギさんにお手紙を書こうか悩みましたが、私のこの徒然なる思いをそこはかとなく書きつくろうと思いましたが、ちょうど右手が腱鞘炎(冗談です)なので諦めました。

 たとえ右手が腱鞘炎(冗談です)じゃなくても、この悔しい思いは到底3枚や4枚の便箋には書き表すことができないほどたくさんの思いが詰まっていたので、きっと14時間はゆうにかかってしまいそうです。

 なので気持ちを切り替え、久しぶりに行く昔馴染みの定食屋さんに行きました。

 とっても落ち着いた雰囲気の老夫婦で仲良くやっている定食屋さんのアジフライ定食を食し、今日の悔しい気持ちなんかあっという間に消えて無くなってしまいました。

 アジフライの味が私の心の奥に忘れかけていた、バファリンの半分のような優しい気持ちが蘇り、午後からはとっても優しい気持ちで過ごすことができました。

 いつも私は優しさで溢れんばかりの素敵なジェントルマンなので、その差は簡単には察することはできないと思いますが、心の中ではしっかりと芽生えていました。

 というところで今日は、まるで的を得ていないおかしなお話になってしまい、これ以上書くとさらに頭の中のリトルtakuちゃんが暴走しそうなので、この辺にしておこうと思います。

 今日はこの辺で。

 ちなみに私は、アジフライはソースで食べます。餃子は酢たっぷりめです。

https://aiairtaku.amebaownd.com/pages/311647/page_201602041325

広告を非表示にする